インターネット予約

SACRAブログ

ナースステーション便り : 今月は原助産師の「女性の身体の不思議な力と赤ちゃんの陰の努力」

2010.03.08ナースステーション便り

1c8f5406.JPG初めまして!今年から新メンバーに加わりました助産師の原です。
女性の一生の中でも、ダイナミックに変化する妊娠・出産・育児が貴重な体験となるようお手伝いをさせて頂きたいと思っています。どうぞ、宜しくお願いします。

少しずつ日も長くなり、暖かな日差しが春めいてきたなと感じると、春を先取りしてちょっと得した気分になりますね(#^.^#) 何となく、気持ちがワクワクする今日この頃・・・

今回は、女性の身体の不思議な力と赤ちゃんの陰の努力を皆様に御紹介したいと思います。
妊娠後期になると、お腹も大きくなり、頻尿になったり、どっちを向いても寝苦しくなったりして、夜間何回も目覚めるようになりますネ!でも、それは、産後の育児に適応出来るように、自然と妊娠中から細切れの睡眠パターンに慣らされているのです。
一方、赤ちゃんは、お腹の中にいる間から羊水を飲んだり、指を吸ったりして、おっぱいを吸う練習をしています。だから、生まれた直後からでも、ちゃんと上手におっぱいを吸えるのです。生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんのお腹にうつ伏せにのせると、自らの力で這い上がり、生後1時間以内におっぱいを吸い始めるのです。

今、お母さん達にとって一番大切なことは、自分の持っている力を信じること、そして、その力を最大限に発揮することです。
私たちは、そのお手伝いをしたいと思っています。
さあ、一緒に赤ちゃんの頑張りに答えてあげましょう!!

    助産師 原 美由紀

お知らせ一覧へ

    月別アーカイブ